【React vs Next.js】メリット・デメリットとユースケースの違い

Blog-Thumbnail_React-01

はじめに

こんにちは、KUDs です。
本記事では、インフラから少し離れて、React と Next.js に焦点を当てていきます。

React とは

React は、Facebook が開発した JavaScript ライブラリです。
データを効率的に表示するための UI を構築することを目的としています。
React の主な特徴は以下の通りです。

  • コンポーネントベースのアーキテクチャ
  • 仮想 DOM を利用した効率的な再レンダリング機能

これによって、React を使用する開発者は、再利用可能な UI コンポーネントを作成し、それらを組み合わせて高度な UI を構築することができます。

Next.js とは

一方、Next.jsは、React 上に構築されたフレームワークです。
以下のような、React 本体にはない重要な機能を提供します。

  • サーバーサイドレンダリング(SSR)
  • 静的サイト生成(SSG)
  • 自動的なコード分割

これらによって、パフォーマンスの向上、SEO対策、そして初期ロード時間の短縮等が可能です。

このブログの目的

このブログでは、以下を解説します。

  • React と Next.js の基本的な違い
  • それぞれのメリット・デメリット
  • 具体的なユースケース

これによって、読者が技術選定する際の一助になれば幸いです。

React の概要と特性

何ができるのか?

React は、コンポーネントベースの UI を構築するための JavaScript ライブラリです。
開発者は、React を用いて UI を再利用可能なコンポーネントとして表現できます。
これによって、異なる UI パーツを再利用し、組み合わせてより複雑な UI を構築可能になります。

また、仮想 DOM を活用して UI の更新を効率的に行います。
これによって、React はユーザーの操作に基づくデータの変更を効率的に画面に反映できます。

加えて、propsstate という2つの主要なデータフロー概念を提供します。
これによって、コンポーネント間のデータの受け渡しを容易にします。

メリットとデメリット

Reactのメリット:

  1. 再利用可能なコンポーネント:
    • コンポーネントは再利用可能です。
      これによって、コードの再利用が可能となり、開発の効率性と一貫性が向上します。
  2. 仮想DOM:
    • React は仮想 DOM を使用してUIを効率的に更新します。
      これによって、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。
  3. 大規模なコミュニティと豊富なエコシステム:
    • React は大規模な開発者コミュニティを持っております。
      これによって、多数の関連ライブラリとツールが利用可能です。

Reactのデメリット:

  1. 学習曲線:
    • React 自体はシンプルなライブラリです。
      しかし、そのエコシステムは広大で複雑なため、初心者にとっては学習曲線が急であると感じるかもしれません。
  2. フル機能フレームワークではない:
    • React は UI を構築するためのライブラリです。
      そのため、ルーティングや状態管理などの機能は、他のライブラリを組み合わせて実現する必要があります。
      (例えばReact RouterやReduxなど)

具体的なユースケース

React はその柔軟性とモジュール性(Modularity)から、多くのプロジェクトに適しています。
例えば、以下のようなシナリオが考えられます:

  1. シングルページアプリケーション(SPA):
    • React は UI の部分的な更新を高速に行う能力があります。
      これによって、ページ全体のリフレッシュなしに部分的なデータ更新を可能にします。
      この特性は、Gmail や Facebook のような大規模な SPA に最適です。
  2. 複雑なユーザーインターフェース:
    • コンポーネントベースの設計は、複雑な UI の構築に非常に役立ちます。
      異なる部分が異なる動作を持つようなアプリケーションの場合、各コンポーネントは独立して動作し、それぞれが自己完結型となるため、全体の管理が容易になります。

Next.js の概要と特性

何ができるのか?

Next.js は、React 上で構築されたフレームワークです。
つまり、Next.js は React のコンポーネントベースの開発の利点を受けつつ、以下の追加の機能を提供します。

  1. サーバーサイドレンダリング(SSR):
    • Next.js は初回アクセス時にサーバー側でページをレンダリングします。
      これによって、初回ロードが速く、SEO が向上します。
  2. 静的サイト生成(SSG):
    • Next.js は、ビルド時にページを静的に生成することができます。
      これによって、非常に高速なページロードを実現し、ホスティングも容易になります。
  3. ファイルベースのルーティング:
    • ページのファイル構造をそのままルーティングに反映させます。
      これによって、非常に直感的に開発が可能です。

メリットとデメリット

Next.jsのメリット:

  1. SEO対策:
    • SSR によって、検索エンジンがページの内容をクロールしやすくなります。
  2. パフォーマンスの向上:
    • SSG や SSR によって、初回ページロードの速度が向上します。
  3. 開発の効率化:
    • ルーティングや画像最適化などの多くの機能によって、開発が容易になります。

Next.jsのデメリット:

  1. 設定の複雑さ:
    • Next.js には、多くの設定があります。
      そのため、適切なカスタマイズを行うには一定の学習が必要です。
  2. オーバーヘッド:
    • Next.js は機能が非常に豊富です。
      そのため、非常にシンプルなプロジェクトではオーバーヘッドになることがあります。

具体的なユースケース

Next.js は様々な種類のプロジェクトに適しております。
特に以下のようなシナリオで力を発揮します。

  1. コンテンツ重視のサイト:
    • ブログやニュースサイトなど、コンテンツが多く、かつ SEO が重要なサイトでは、Next.js の SSR と SSG が非常に有効です。
  2. EC サイト / プラットフォーム:
    • 商品ページの速度と SEO は EC サイトにとって重要です。
      Next.js では、これらの要件を満たす機能を提供します。
  3. 大規模なアプリケーション:
    • 企業レベルの大規模なアプリケーションにおいて、Next.js はルーティングやパフォーマンスの最適化など、スケーラビリティとメンテナビリティを高める機能を提供します。

React と Next.js の違い

React と Next.js は、共にコンポーネントベースの設計を採用しています。
しかし、もちろんいくつかの重要な違いがあります。
この章では、それらの主要な違いに焦点を当てます。

レンダリングの方法(CSR vs SSR vs SSG)

React(クライアントサイドレンダリング – CSR):

React のデフォルトの動作はクライアントサイドレンダリング(CSR)です。
初回ロード時に HTML が空で、JavaScript がクライアント側でページを構築します。
これによって、動的なページで快適な UX を提供しますが、SEOには影響があります

Next.js(サーバーサイドレンダリング – SSR & 静的サイト生成 – SSG):

Next.js は、サーバーサイドレンダリング(SSR)と静的サイト生成(SSG)をサポートします。
これによって、ページはサーバー側でレンダリングされます。
つまり、初回ロードが高速であり、かつ SEO も強化されます。

ルーティング

React:

React 単体ではルーティングの機能が提供されていません。
そのため、ルーティングを実装するには、React Routerなどの追加ライブラリを使用する必要があります。

Next.js:

Next.js ではファイルベースのルーティングが組み込まれており、ページのファイル構造に基づいて自動的にルートが生成されます。
これによって、直感的かつ効率的な開発が可能になります。

コード分割と最適化

React:

React では、コンポーネントの再利用と独立性を強化するように設計されています。
しかし、最適化やコード分割は手動で管理する必要があります。

Next.js:

Next.js では、自動的なコード分割、最適化、遅延ローディングなどを提供します。
これによって、ページのパフォーマンスが自動的に向上します。

その他の違い

  • 開発環境:
    • React そのものには、Next.js のような組み込まれた開発環境は含まれていません。
      ホットリローディングやエラーハンドリングといった機能は、開発者が自分で設定するか、追加のツール(例えば、Create React AppWebpack )を使用して導入する必要があります。
    • 一方、Next.jsはこれらの機能をデフォルトで提供します。
  • 画像最適化:
    • React は、自動画像最適化機能を直接提供していません。
      そのため、画像の最適化を行いたい場合は、追加のライブラリやツールを使う必要があります。
    • 対して、Next.js は組み込みの画像コンポーネントと自動画像最適化機能を提供し、パフォーマンス改善に貢献します。
  • 国際化: React 自体には特定の国際化機能はありません。
    • 国際化を実現するためには、追加のライブラリ(例えば、react-i18nextreact-intl )を導入する必要があります。
    • しかし、Next.jsは組み込みの国際化対応機能を持っており、簡単な設定で多言語対応が可能です。
  • API ルート:
    • React 自体は、API エンドポイントを作成する機能を持っていません。
      そのため、通常開発者はバックエンドサーバーを別途設定し、そこで API エンドポイントを構築します。
    • 一方、Next.js では API ルートを利用して、同一の Next.js プロジェクト内でAPIエンドポイントを容易に構築できます。

ReactとNext.jsの使い分け

では、結局 React と Next.js のどちらを選ぶべきなのでしょうか。
以下では、これらの技術選定をするためのいくつかの考え方を紹介します。

どちらを選ぶべきか?

React と Next.js の選択は、プロジェクトの具体的な要件と目標に大きく依存します。
React はシンプルさ柔軟性を提供し、Next.js は効率性パフォーマンスに優れています。
以下では、具体的なユースケースを検討してみましょう。

React を選ぶべきケース

  • 非常に動的なWebアプリケーションを作成する場合
  • 最初のレンダリング時間や SEO が主要な関心事ではない場合
  • プロジェクトが比較的小さく、Next.js の追加機能が必要ない場合
  • 既存の React プロジェクトに機能を追加したり、既存のシステムとの統合が必要な場合

Next.js を選ぶべきケース

  • SEO が重要で、初期ロード時間を最小限に抑える必要がある場合
  • 静的なサイトやマーケティングページを作成する場合
  • ルーティング、パフォーマンス最適化、画像処理などの組み込み機能を利用したい場合

プロジェクトのニーズに応じた選択

それぞれ、ある特定のニーズに最適になるように設計されています。
前述の通りですが、改めて確認しておきましょう。

  • シングルページアプリケーション(SPA):
    • React はシングルページアプリケーション(SPA)の開発に適しています。
  • ブログやマーケティングサイト:
    • Next.jsは静的サイト生成(SSG)をサポートしています。
      これは、ブログやマーケティングサイトの構築に適しています。
  • EC サイト:
    • EC サイトには SEO とパフォーマンスが重要であり、Next.js が適しています。

最終的には、ご自身のプロジェクトの要件に適した技術を選択しましょう。

実際のプロジェクトでの使用例

React と Next.js は、それぞれ様々なウェブプロジェクトで使用されています。
以下では、それぞれの技術が利用されている具体的例を確認しましょう。

React を使用したプロジェクト例

Airbnb:

Airbnb のウェブサイトは React を広範に使用しています。
React を使用して複雑な UI を作成し、サービスを迅速にスケーリングしています。

Instagram:

Instagram のウェブ版も React で構築されています。
特に React の一方向データフローとコンポーネントベースのアーキテクチャが、Instagram の高度にインタラクティブなユーザエクスペリエンスを支えています。

Next.js を使用したプロジェクト例

Netflix:

Netflix はその一部のユーザインターフェースに Next.js を採用しています。
サーバーサイドレンダリングにより、初回ページロード時間の短縮と SEO の改善が実現されています。

TikTok:

TikTok のウェブエクスペリエンスも Next.js を採用しています。
大規模なユーザベースと大量のコンテンツを支えるため、Next.js のパフォーマンス最適化機能が活用されています。

さいごに

React と Next.js の違い、それぞれの利点と欠点、そして具体的なユースケースについて詳しく説明しました。

ポイントの再確認

React

  • JavaScript ライブラリ
  • UIをコンポーネントベースで構築可能
  • 対話的なUIの構築が可能であり、シンプルさや柔軟さで優位

Next.js

  • React フレームワーク
  • サーバーサイドレンダリング(SSR)
  • 静的サイト生成(SSG)
  • APIルートの作成
  • SEO に強く、効率性やパフォーマンス面で優位

React / Next.js 公式サイト

以下のリソースは、React と Next.js のさらなる理解に役立ちます。

React / Next.js を始めたい方、より詳しく知りたい方は、以下の公式ドキュメントをご確認ください。

Quick Start – React
The library for web and native user interfaces
Docs | Next.js
Welcome to the Next.js Documentation.

KUDs ホームページは Next.js

余談(宣伝)です。

KUDs は、Live Highlight Finder という Web アプリを提供しています。

KUDs | Live Highlight Finder | Live Stream Calendar | そっしーの足跡
KUDs の公式サイトです。Web アプリ「Live Highlight Finder / Live Stream Calendar」、YouTube チャンネル「そっしーの足跡」、技術ブログ「KUDs Blog」の開発・運用・保守してます...

こちらのアプリでは、YouTube Live や Twitch のチャットを解析し、盛り上がった箇所を自動抽出します。
ホスティングは S3 + CloudFrontで行っております。
ここで、S3 を利用する場合サーバとしての機能は使えない点に気づく人もいるかと思います。
そのため、バックエンドは Lambda を用いており、SSR 等も利用しておりません(できません)。
それでも、SEO 対策として SSG を利用できたり、その他細かな機能がメリットとなります。
ここでは、細かい説明は行いませんが、もしよろしければ参考までにご参照くださいませ。

コメント